トップ > 保護犬・保護猫検索 > 公益社団法人日本動物福祉協会 特設ページ > 概要説明

公益社団法人日本動物福祉協会 特設ページ

概要説明

ごあいさつ

1956年の創立以来、
命にやさしい社会を目指して、動物福祉の活動を続けております。

写真 公益社団法人日本動物福祉協会は、1956年の創立以来、命にやさしい社会を目指して、動物福祉の活動を続けております。
名誉総裁に常陸宮妃華子殿下を戴き、災害時の動物救護から、日々の電話相談、動物の適性飼育の推進、不妊去勢手術の助成や、飼い主探しのお手伝いなど、全国の会員と共に、幅広い活動を展開しております。(詳しくは当協会のHPをご覧ください。)
動物福祉とは、ただ「かわいい」「かわいそう」という感情論ではなく、科学的な根拠に基づいた動物の生理・生態・習性にあった考え方であり、動物の「生命の質」に関係しています。

 近年、従来からの、安易な飼養、無責任な繁殖等の理由に加えて、高齢化社会に伴い高齢や病気により飼養したくてもできない等、飼い主が動物を手放す理由も多様化してきております。
こうした社会背景のなかで、一つでも多くの命を繋ぐべく、当協会では、より一層、新しい飼い主探しに力をいれていく所存です。
譲渡に関しまして、当協会のいくつかの審査を受けていただく必要がございますが、再び飼えなくなったり、捨てられるという不幸な状況を防ぎ、終生飼養と適正飼養ができる飼い主さんに命のバトンをお渡ししたいとの考えからですのでご理解いただけたらと思っております。
一つでも多くの命を救うために、これからも、皆様の深いご理解と温かいご支援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

理事長
山下眞一郎

以下は、日本動物福祉協会との取引ルールです。当サイト通常フローとは異なりますので、ご注意下さい。

譲渡の流れ

譲渡の際にかかる実費または手数料等のご負担は一切ございません。しかし、マイクロチップ装着及び不妊去勢手術がされていない動物については、譲渡後、これらの実施を里親さんご負担で必ずお願いしておりますので、ご了承ください。

※ 日本動物福祉協会との取引ルールです。
  当サイト通常フローとはことなりますので、ご注意下さい。

譲渡の条件について

当協会にて募集している里親様は、神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県在住の方に限らせていただきますので、ご了承ください。
日本動物福祉協会事務局がメールのやりとりをさせていただきます。
審査にあたっては、日本動物福祉協会より聞き取り票(PDF)に基づき電話調査を行い確認させていただきます。
尚、面会・譲渡の際は、当協会の協力動物病院等にご足労いただく形となりますのでご了承ください。

費用について

譲渡の際にかかる実費または手数料等のご負担は一切ございません。しかし、マイクロチップ装着及び不妊去勢手術がされていない動物については、譲渡後、これらの実施を里親さんご負担で必ずお願いしておりますので、ご了承ください。